decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

スカイマークの預け荷物のルールについて

vfvbb

スカイマークなどLCCについては預け荷物に注意が必要だという話を耳にしたことがある人もいることでしょう。ANAやJALなどと預け荷物についてルールが異なっています。LCCは基本的に預け荷物は有料です。荷物についてもないにこしたことはありません。とはいうものの、荷物は何かとあるものです。荷物を預ける際にルールを知らずに有料料金が発生したり、思わぬ出費になることもあります。そうならないようにルールを把握しておくことが大事です。

ではスカイマークではどういったルールになっているのか?そちらも知っておくといいでしょう。手荷物ですが出発の20分前に預けるルールとなっています。荷物を預ける予定の人は保安検査を出発15分前に終了できるよう早めにカウンターへ行かれることをおすすめします。手荷物カウンターがあるのでそちらに向かえばOKです。
GWやお盆休み、年末年始などの際は注意が必要です。この時期は大変混んでいます。時間に余裕を持って預けましょう。スカイマーク利用の場合、出発の30分前までと
なっています。

航空券が安いLCCはこのようにルールについても厳しいのが一般的です。荷物などを気をつけること、そして時間に余裕を持っていけば問題はありません。航空券を買う前にルールについても知っておくことが大事です。

skymark3

スカイマーク 航空券利用の場合は、無料の手荷物については1人20kgまで無料となっています。これはお得ですね。上限は100kgまでです。荷物1コあたりの重量は32kgまでとなっているのでそちらにも注意しましょう。

料金は10kgごとに1000円ほどかかります。荷物が多い場合は、宅急便利用も検討しつつ上手に使いたいところですね。
スポーツを楽しみたい人は道具についても気になるところかと思います。スキー板やサーフボードなども預けることが可能です。ただしスカイマークでは280cmまでの取り扱いといったルールになっています。

ガラス製品や瓶など壊れやすいものや高価な品は機内に持ち込むようサイトに掲載されています。これらについては保証外になる場合もあるので、注意が必要です。
荷物はなるべく少なく、最小限がよいでしょう。荷物があると預ける時間もかかりますし、さらに重い荷物は有料になります。しかしスカイマークは20kgまで無料ということでかなり良心的と言えるのではないでしょうか。

搭乗者が利用する車イスやベビーカー、ゆりかごなどは無料で預けることができます。このあたりもとても良心的なサービスです。またチャイルドシートも無料となっています。旅行先でレンタカーを予定している人はチャイルドシートを持参するのもおすすめです。

ペットについて

旅行の際は、ペットについても気になるところです。ペットホテルなどに預けることもできますが、ペットの性格によってはホテル利用が難しい場合もあるかと思います。可能であればペットと同行して旅行を楽しみたいといった人も増えています。最近はペットもすっかり家族の一員です。

飛行機の利用についてもペットと同行できる場合があります。例えばLCCとしておなじみのスカイマークもペットの預かりについて実施しています。スカイマークの航空券購入を検討されている方で、ペットと同行したい人はいくつかルールがあるのでその点についても確認してみるといいでしょう。
ペットの預かりですが、犬や猫、小鳥などが可能です。機内持ち込みはNGなのでその点は注意が必要です。

スカイマークの航空券を購入したい人でペットの持ち込みが気になる人は、事前に自分のペットの持ち込みは可能かどうか?聞いてみるといいでしょう。
小動物については規制があります。ハムスターやうさぎ、リスなどは預けることが可能ですが、機内持ち込みはNGとなっています。またペットケージは自分で用意しなくてはなりません。貸し出しもあり、大きさは51cm×69cm×48cmまでと決まっています。このサイズに入るものでないとスカイマークでは預けることができません。

また貨物室の関係上、預けることが可能なペット数に限りがあります。もし預けることができない場合、後続便に振り替えとなります。事前に予約可能かどうか?も含めて問い合わせみるといいでしょう。連休の場合、預けることができないなんてこともあるかもしれません。また大型犬は基本的に預けることができません。

またいわゆる短吻種犬(たんふんしゅけん)については注意が必要です。これらの種類の犬は環境の変化を受けやすいといった特徴があります。体調に変化が出る場合もあるので、注意が必要です。どういった種類が適用になっているのか?というとボクサーやブルドッグ、パグ、ボストン・テリア、シーズ-、ペキニーズ、チン、ボクサー、チン、チベタン・スパニエルなどです。航空券購入の前に自分のペットは持ち込み可能かどうか?確認してから航空券を手配するといいでしょう。

1番怖いのは「○○の航空会社を利用したときは預かってくれたから、今回も大丈夫だろう」といった楽観視です。確かに大丈夫かもしれませんが、大丈夫でない場合もあります。航空会社によってルールも異なりますし、注意が不可欠です。またルールも以前とは変更になっている場合もあります。
きちんと問い合わせから航空券購入をしましょう。

注意が必要な荷物

飛行機を利用して遠出を計画されている方もいることでしょう。飛行機は電車やバスと異なり短時間移動が可能であり、大変便利です。旅行や出張など多くの人が利用しています。飛行機の利用については朝夕が混んでいます。この時間帯はサラリーマンの利用も多いためです。できればこの時間帯を避けて予約するといいでしょう。
スカイマークについてはおすすめのLCCです。国内でも確かな実績があり、フライトについても好評となっています。

利用が可能であればスカイマークの航空券購入を検討してみるのも良いかと思います。スカイマークの航空券はインターネット上でも予約が可能です。
スカイマークも含めて飛行機の中には持ち込みに制限があるものがあります。法律で定められているので、最低この2点は覚えておきましょう。
① 危険物の航空機への持ち込みや手荷物としてのお預かり
② 航空機内における電子機器の使用
これらは法律で禁止となっており、もし違反したら50万円以下の罰金となっています。けっこうな額の罰金です。

では具体的にどういったものが駄目なのか?というと、例えばライター用のガスオイルです。キャンプ用品なども禁止になっていることが多いです。引火しやすいものや花火などがそうした例となります。自分でも「これは危ないイメージだから持ち込みはいいのだろうか?」といったアンテナは持っておきたいところです。
包丁についてもNGとなっています。年配の方でたまにいるのですが、果物を食べようと機内に包丁を持ち込もうという人もいます。果物も包丁が不要で問題ないものを選ぶようにしましょう。

レジャーを楽しむ人も注意が必要です。例えばスキー用のワックスです。こちらはOKとなっていますが、ボンベタイプや危険性があると認定されると持ち込みがNGとなります。不安な人はあらかじめ航空会社に確認してみることをおすすめします。
また離島に行く予定の人は、その他の注意も必要です。例えば沖縄県や奄美諸島です。これらの地域ではさつまいもやあさがお、ようさいなどがNGとなっています。また沖縄から未検査の柑橘類、苗木・穂木なども駄目です。

当たり前ですが上記エリアに限らずいわゆる「凶器」に該当するものはNGとなっています。ゴルフクラブやバッド、工具、はさみ、アイススケート靴などが該当します。これらの荷物にひっかかった場合は、処分するか預かり手数料が発生します。しかたなく処分する人も多いそうです。そうならないよう、あらかじめルールは目を通しておきましょう。

手荷物持込制限

スカイマークの航空券を購入し、後は旅立ちの日を待つだけといった人もいることでしょう。旅はいつでも良いものです。航空券の中でもスカイマークなどはお得なものが多いのが特徴です。旅行したい人は航空券をチェックしてみるといいでしょう。

旅行にあたり荷物については何かとあると思います。カメラなどは必須アイテムですし、現地の天気次第ですが折りたたみの傘も必要な場合もあります。また女性であれば化粧ポーチも欠かせません。いわゆる「身の回り品」は持ち運びが必要になるかと思います。

飛行機での旅行は預け荷物と機内持ち込み荷物の2種類があるかと思います。持ち込みで全て済ませた場合、預け荷物を待つ時間もないので現地についてからすばやく移動が可能です。また海外旅行だと預けたバッグが届かなかったり、不備があるといった報告もあります。そうしたトラブルから「預け荷物は避ける」といった人もいます。となると機内持ち込みが便利というわけです。機内持ち込みですがスカイマークの場合は、容積が55×40×25cm以内となっています。つまり3辺の合計が115cm以内というわけです。

重量についてはけっこうすぐにオーバーしてしまうものです。スカイマークの場合、重量10kgを超えないものということがルールとなっています。10kgは自分が持ち運ぶのにも限界な重さといった人も多いことでしょう。女性であれば10kgはけっこうな負担です。荷物を減らすといった観点からも工夫してみるといいでしょう。
サイズについてはあらかじめ自宅で測っておくことをおすすめします。もし搭乗の際に、NGだったらそれこそ荷物をどうするか?など考えなくてはいけません。重さについてもあらかじめ体重計を利用して量ることができます。

スカイマークに限らず、機内の荷物についてはルールがある場合がほとんどです。国内線は国際線に比べて荷物の規制が厳しいのが一般的です。つまり荷物をコンパクトにすることが前提というわけです。

保安検査があるので、その際にひっかからないよう荷物についても注意しましょう。よくあるパターンとして「はさみ」の持ち込みです。はさみは何かと必要です。しかしこれもNGとなっています。また工具やナイフについても規定があるので持ち込みについてはストップすることが可能であればストップした方が良いでしょう。
もしこうした規定に違反した場合は、50万円の罰金が科せられます。罰金についてもルールが厳しいので注意しておくにこしたことはありません。

危険物について

秋、冬と温泉旅行にピッタリなシーズンが到来しています。特に冬のボーナスは待ち遠しいところです。ボーナスをあてにして旅行を計画されている方もいることでしょう。旅行を計画されている方はお得な航空券が出ていないか、そちらについてもチェックしてみるといいでしょう。
例えばスカイマークは価格帯が安い航空券販売でもおなじみの会社です。利用してみようかな?と思っている方は、ぜひ1度利用してみるといいでしょう。安いからといった不便なこともなく、快適な旅ができることでしょう。

航空券については以前よりも安くなっており、お買い求めがしやすい価格になってきています。LCCをはじめ各社で競争が激しくなっており、料金をはじめ競争が激化しています。利用者としてはこれはうれしいことです。

飛行機ですがいわゆる「危険物」については持ち込みできないことになっています。自分では危険物といった認識がなくても、実は持ち込めないものあるので注意が必要です。ではどういったものが駄目かというと、花火や火薬類、クラッカー、不発弾、弾薬などです。これらはいかにもNGだとわかりそうなものです。絶対に駄目だろうと思われるものはさすがに持ち込まないと思うので、そこまで心配はしていないのですが微妙なラインのものはうっかり持ち込みしてしまう危険があります。例えばバッテリーです。パソコンやその他、バッテリーが必要な場合はあることと思います。これらは仕事で使う人は特に必須アイテムです。持ち込むなと言われるとキツイと感じる人もいることでしょう。

そして何よりも「持ち込みが駄目だとは知らなかった」という声です。頻繁に飛行機を利用している人でもうっかり持ち込んでしまう危険があるものです。
マッチなどもそうです。ライターについてはOKですが、マッチはNGです。タバコを吸う人は注意が必要です。それこそ肌身離さず持っている人も多いことでしょう。
水銀についてもNGとなっています。水銀は水銀タイプの気圧計や温度計などに使われています。これも知らないで持ち込みしてしまう人がけっこういます。

ラジコン用のエンジンなども駄目なものの対象です。なぜ駄目かというと有害物件に該当するためです。荷物については持ち込みがOKかどうか?航空会社のサイトなどで確認してみることをおすすめします。問題なければそのままでいいのですが、問題ありの場合対処が必要となります。
飛行機の利用では上記について気をつける必要があります。その他の注意点もあるので、航空券購入前に目を通しておくといいでしょう。

loading
×